オーガニックの世界

“今日のデジタル化された世界でアナログ時計を身に着けるということは、自分のスタイルを見せることであり、自身を拡張するということ。自分が誰で、何でできているのか、情熱的に宣言すること。”

デジタルスピードで移り行く世界で時計を身に着けるということには、どんな意味があるのだろう?あなたが時計を着けるのは、ただ時間を知るため?いいえ、違います。時間を確認するだけなら、スマホやタブレット、パソコンでも手軽にできるはず。時計は、自分のスタイルを見せることであり、自身を拡張したもの。自分が誰で、何でできているのか、情熱的な宣言そのもの。ジェイソン・ハイドの場合は、その時計が、何で作られているか…

…あなたの個性や価値観と同じように時計も、ごみを減らし、再利用・リサイクルしたりと環境責任を気にかけた素材でできているべきだから。公正な世界には持続可能な生産が必要である。着用者にその思いを呼び起こすのが、責任を持って作られた正しい時計であり、そしてまさにそれが、ジェイソン・ハイドの信念なのです。